HOME>注目記事>一定期間住むのなら仮住まいとはいえしっかりと物件を選ぶ

賃貸と一戸建てそれぞれのメリット

一戸建ては全て自分で管理が必要なのに対して、賃貸は任せてしまえる部分もあります。自分の生活スタイルに合う方を選ぶ方がストレス少なく過ごせます。

賃貸マンションを借りるときのポイント

  • 間取りが自分の生活に合っているか
  • 生活に必要な施設が近くにそろっているか
  • 共有部分がきちんと管理されているか
  • 自治がしっかりしておりきちんと活動しているか
  • 家賃を払い続けることができるか
  • 周辺に大きな建物や施設が立つ予定がないか
  • オートロックやインターネットの設備があるか
  • 使いたい設備が室内にある程度そろっているか
  • 日当たりや風通しに支障がないか
  • 建物に住む人の雰囲気に違和感を感じないか

大阪の繁華街における住居の状況

マンション

心斎橋は大阪の中でも広く知られている商業地であり、公共交通機関の利便性も高いことから若年層を中心に多くの世代が居住を希望している地域になります。そのような理由から賃貸物件はワンルームタイプのマンション形式の建物が多くなっていて、家賃については郊外地域と比較すると二割から三割程度高くなっているのが一般的です。これは心斎橋だけの話ではなく近隣にある難波という地域も似たような状況にあり、家族がいて複数の賃貸物件を希望する場合は家賃が10万円以上というのが通常になってしまうでしょう。

家賃の高い商業地域で安い物件とは

間取り図とペン

心斎橋は築年数が新しいマンションタイプの物件が多くなっていて、地域性や建物の管理費などからこの値段が設定されています。家賃を抑えたいのであれば築年数が古い建物か中心地から離れれば安くすることが可能であり、最寄り駅から少しでも距離があれば値段に反映されるでしょう。心斎橋では地域の全体がそれほど遜色の無い状況になっているので、駅から距離があった場合にもそれほど不都合は感じないというのが一般的です。家賃は賃貸物件に居住する場合には必須になりますが、個人によって経済状態は異なっているので、無理をしたところでは負担が大きくなります。心斎橋は魅力的な地域で住みたいと希望する人が多いので物件数も豊富にあり、自分の状況に合わせた適切な物件を探すというのが最適です。

広告募集中