住宅展示場とモデルハウスはどう違うの?

モデルハウスは分譲住宅の一角にサンプルとして建てられていることもあります。住宅展示場はモデルハウスがたくさん集まっており、複数の建物を比較することが可能です。

住宅展示場見学のメリット

no.1

実際の建物を見ながら検討ができる

使い勝手や日当たりは原寸大で建てられているモデルハウスで確認するのが一番わかりやすいです。

no.2

カタログではわかりづらい事が分かる

カタログの文字情報では感じ取りにくい防音や断熱などを実際に自分の感覚で確かめましょう。

no.3

不動産会社の話が聞ける

特に情報収集を始めた当初はどんな情報も参考になります。積極的に話をしてみることも必要です。

no.4

複数の建物の比較ができる

いくつもの建物が並んでいるので好き嫌いだけでも判定していくと自分の欲しい家が分かります。

no.5

カタログを集めてくることができる

その場で決められないと思ったらカタログだけでももらってきましょう。気になる点は次回確認するくらいの気持ちで問題ありません。

一軒家

見学することで得られるメリット

練馬の住宅展示場を見学することで得られるメリットとして、まず第一に挙げられることは、住まいを実感できるためプランをイメージしやすいということです。練馬の住宅展示場に実際に行ってみるとわかりますが、ハウスメーカーごとの技術が集約されているモデルハウスを実際に見てまわることができます。雑誌やホームページなどを見ている人もいるかもしれませんが、このようなものを見るだけでは分からない部屋の中の雰囲気や素材などを実際に目で見たり触れたりすることによって、ハウスメーカーごとの特徴を実感することができるでしょう。自分の肌で知識を吸収できることは大きなメリットと言えます。実際にモデルハウスの中で取り入れられた状態で見学することができるため、自分たちの希望のプランをイメージしやすくなります。内装のスケールや間取りの取り方などを実際に見ることができるので、このような空間を自分たちの家にも取り入れたい、リビングはこれぐらいの広さにしたいなどというように、家造りのイメージが具体的なものになっていきます。

見学前にしておきたい事前準備

実際に練馬の住宅展示場に見学するとなった場合には、見学する前に事前にしておきたい準備もあります。まず最初に予算をあらかじめ家族で共有しておくようにしましょう。住宅の価格は1000万円単位となるため、100万単位の予算アップを軽く見てしまうことになるでしょう。そのため購入してローンを組んだ後にお金に悩まされるケースもよくあることです。予算を考えることなく住宅展示場を見学してしまった場合には、夢が大きく膨らみ、金額がうやむやになってしまいます。いくらまでであれば出すことができるのか、予算については家族でしっかりと共有しておく必要があります。二つ目は住宅を建てる場所にできるだけ近い住宅展示場を見つけるということです。職場の近くや現在の住まいの場所の近くの展示場を見学してよい家を見つけたとしても、実際に住宅を建てる場所が遠方であるならば、結局はその予定地域の展示場で再度話をしなければならなくなってしまうからです。

広告募集中